CSRミッション

CSRミッション

KPMGジャパンは、本業分野、社会分野、環境分野の分野においてCSR活動を推進していくことにより、新たな付加価値とカルチャーの創出に努めていきます。

KPMGジャパンは、本業分野、社会分野、環境分野の分野においてCSR活動を推進していくことにより、新たな付加価値とカルチャーの創出に努めていきます。

「私たちは、企業市民として社会の一員であることを自覚し、*1
プロフェッショナルとしての責任を果たすとともに、*2
私たちを支えている社会および環境を*3
より豊かなものとするために、*4 誠実に行動します*5」

*1:私たちは、企業市民として社会の一員であることを自覚し、
法人として、また構成員ひとりひとりが、社会と相互依存関係にあり、社会により活かされていることを再認識することが、CSR活動の出発点であり、それが「自覚」するということです。社会の一員である以上、法令遵守(コンプライアンス)や企業倫理の確立は当然の責務です。

*2:プロフェッショナルとしての責任を果たすとともに、
監査・税務・アドバイザリーなどの職務遂行を通じて、クライアントや資本市場の発展、公正な社会の実現に貢献するとともに、専門知識や培った能力を活かした社会貢献に努めるものとします。

*3:私たちを支えている社会および環境を
「社会」とは、KPMGジャパンを取り巻くコミュニティーのことであり、私たちは各々に対して、「公正な社会の実現」を目指しています。「環境」とは、すべてのコミュニティーを支えている基盤です。私たちはその基盤である地球環境をよりよき状態に保全していくことを自らの責務と自覚し、その保全に貢献します。

*4:より豊かなものとするために、
利益・時間・知識など、私たちの所有する「価値(Value)」を社会および環境に還元することで、社会の発展や環境の改善に貢献することです。

*5:誠実に行動します
「誠実に行動します」とは、企業市民としての自覚に基づき、持続的に社会および環境の豊かさを真摯に追求していくことです。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信