本業分野のCSR | KPMG | JP

本業分野のCSR

本業分野のCSR

KPMGジャパンは、より公正で透明性の高い資本市場の構築と企業の持続的成長に貢献します。

KPMGジャパンは、より公正で透明性の高い資本市場の構築と企業の持続的成長に貢献します。

専門スキルの社会への還元

【人的資源による貢献】
監査やアドバイザリー業務で培ったスキルや経験を他の分野で活用し、社会の課題やニーズに対応していくことも本業を通じた取り組みとして重要だと考えています。あずさ監査法人は、会計・監査に関する専門能力を活かして日本公認会計士協会他、関連団体・外部機関に人材を派遣し、資本市場の健全なる発展に寄与しています。

 

■プロボノ活動への参画
・「あすびと福島」への出向
福島県の復興を支援している「あすびと福島」へ、あずさ監査法人の会計士が出向し、再生エネルギーをテーマにした体験学習や企業研修を通じて、復興を担う人材育成を支援しています。

・「東北未来創造イニシアチブ」への参画
東北未来創造イニシアチブの「経営未来塾」にプロボノとして参画し、被災地の事業家の事業計画作成を支援しています。

・「福島復興産業人材育成塾」への参画
2016年から復興庁の支援のもと地域の産業リーダーを育成する取り組みとして「福島復興産業人材育成塾」が開講されました。地域の中小企業経営者が事業構想を練り上げる際に、あずさ監査法人がメンターとして関わり、その後の地域の産業を牽引する人材づくりを目指しています。

・パラスポーツへの支援
あずさ監査法人の会計士がボランティアで、日本財団パラリンピックサポートセンターの内部監査を支援しています。

教育分野における次世代のための取り組み

【中高生向けの会計監査教室】

資本市場や経済社会を支える重要なインフラである会計や監査については、一般的に学生にとってなじみの薄い分野ですが、会計を通じて社会の仕組みや職業観を次世代に伝えることは重要な取り組みだと考えています。

あずさ監査法人は、東京・名古屋・大阪事務所で会計監査教室やキャリア教育プログラムを実施しています。大阪事務所のキャリア教育プロジェクト「ドリカムスクール」は経済産業省が主催する第3回キャリア教育アワード奨励賞を受賞しました。

 

【Workshop for GTE】

KPMGジャパンが協賛している「GTEイノベーションチャレンジ サマーキャンプ&ビジネスプランコンテスト」(社団法人カピオンエデュケーションズ主催)に参加または参加希望の高校生を対象に、世界で活躍するビジネスリーダーに欠かせない会計の基礎知識、起業に役立つヒントを、KPMGジャパンのビジネスプロフェッショナルが提供します。

詳細・応募方法

 

【大学生向けのキャリア大学】

キャリアクルーズが主催する「キャリア大学」にKPMGジャパンでは2014年より講義を提供しています。キャリア大学とは、大学1・2年生を中心に企業が講義を提供し、その後のキャリア形式をサポートする取り組みです。

KPMGジャパンが提供する講義では、会計・アカウンティングファームという入口から、どのようなキャリアパスが描けるのか、プロフェショナルから生の声を届けるとともに、ビジネスゲームに参加してもらい会計テクニックを学んでもらいます。

 

【KPMG AZSA OSAKA 次世代懸賞論文コンテスト2018】

本コンテストは「The Clear Choice“KANSAI”世界に選ばれる関西の未来のために」というテーマに沿い、関西に在住または通学、通勤をしている17-25歳を対象に、昨年より論文の募集を行っており、今回はその2回目となります。内容は関西を軸にした視点で、ビジネスに関連した斬新な内容であることが求められます。応募は2018年9月1日から10月31日、発表は同12月中旬を予定しています。

詳細・応募方法

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信