コネクティッドカーのつぶやき:情報の価値とセキュリティ対策 | KPMG | JP

コネクティッドカーのつぶやき:情報の価値とセキュリティ対策

コネクティッドカーのつぶやき:情報の価値とセキュリティ対策

今日の自動車はかつてないほど「つながって」います。自宅やオフィス、携帯端末と同じようなコネクティビティ(インターネットにつながっている状態)を自動車は提供しているのです。コネクティビティはドライバーや消費者にとって非常に有益であることは確かですが、そこにはリスクも伴います。

関連するコンテンツ

自動車のメーター

いまや車輪のついたコンピュータへと進化を遂げた自動車の中で、人はデータやソフトウェアやセンサーに取り囲まれています。そしてテクノロジーは刻々と進歩しています。

コネクティッドカーは煩わしい渋滞を回避したり、移動中の時間をエンタテインメントで楽しませてくれたり、大がかりな修理が必要になる前に問題を検知したり、そして何より、家族の安全を守り、無用の悲劇的な事故を回避する一助となってくれるでしょう。

これらは、自動車メーカーにとって何を意味するでしょうか?

本レポートは、2つの世界、すなわちデータが素晴らしい価値を持つ世界と、データがリスクを意味する世界について探求していきます。この2つの世界のバランスをどう取るか。顧客に素晴らしいドライビング体験を提供すると同時に、データを保護するにはどうすればいいか。その方法をご提示します。

内容

  1. 著者について
  2. Gary Silbergからのメッセージ
  3. 価値の高いデータを保護する
  4. ビッグデータは多くを語る
  5. 危険な道
  6. コネクティッドカーの中身を深く理解する
  7. コネクティッドカーのサイバーセキュリティ
  8. データの行きつくべきところ
  9. KPMGについて

英語コンテンツ(原文)

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信