認知、判断、操作・・・そして学習 ディープラーニングが自動車の操作方法に革命を起こす | KPMG | JP

認知、判断、操作・・・そして学習 ディープラーニングが自動車の操作方法に革命を起こす

認知、判断、操作・・・そして学習 ディープラーニングが自動車の操作方法に革命を起こす

ディープラーニングは完全自動運転車を実現する原動力となり、業界のほぼあらゆる分野に影響を与えるでしょう。リスクもあります。脅威もあります。未知の要素もあります。自動車メーカーであれ、サプライヤーであれ、テクノロジー企業であれ、チャンスはすぐ手の届くところにあります。どうすればそれをつかむことができるのでしょうか。

関連するコンテンツ

青いプラズマ

ディープラーニングは自動運転車の開発に、また自動車業界と輸送業界に大きな変化をもたらします。自動車のエコシステムにかかわるすべての企業は、順応し生き残ろうと思うなら、この変化を理解しておかなければなりません。

本レポートでは、市場の混乱にどのように対応すればよいかに関して、いくつかの重要なインサイトを明らかにしています。

  • 自動車の運用と所有の形が変化するでしょう。
  • モビリティサービスは大規模な新市場になり、激しい競争の場となるでしょう。
  • ほとんどの自動車会社は、もはや単なる自動車メーカーではなくなるでしょう。
  • 神経系が自動車デザインの中心になるでしょう。
  • 人材が新たな競争の火種になるでしょう。

本レポートでは、ディープラーニングとは何か、それがどのように自動運転の課題を解決するのか、そして、ディープラーニングで完全自動運転が可能になった場合に、ビジネスにどのような影響があるのかについて探ります。

内容

  1. Gary Silbergからのメッセージ
  2. 重要なインサイト:極めて大きなチャンス
  3. ディープラーニングとは何か
  4. 認知、判断、操作・・・そして学習
  5. 自動車のすばらしい世界
  6. ディープラーニングによって直接もたらされる変化:6つの重要なポイント
  7. 自動運転の未来で成功する

英語コンテンツ(原文)

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信