KPMGグローバル・オートモーティブ・エグゼクティブ・サーベイ2017

KPMGグローバル・オートモーティブ・エグゼクティブ・サーベイ2017

本調査は、世界の自動車産業の現状と将来の展望を評価することを目的にKPMGが毎年実施している調査で、今回で18回目を迎えました。世界有数の自動車関連企業の幹部クラス約1,000人にアンケートを行ったほか、2,400人を超える世界中の消費者の方々から貴重なご意見をいただき、世界トップの自動車関連企業のエグゼクティブの意見と比較しました。

関連するコンテンツ

調査結果より抜粋

ロスト・イン・トランスレーション/自動車業界の方向性は混乱

  • 主要トレンドの筆頭はバッテリー式電気自動車(50%)。
  • バッテリー式電気自動車はインフラがネックになって普及しない(62%)。
  • 車両とは直接関係ない機能・特徴が今後重要な購買基準になっていく(89%)。

オフラインからオンラインへ

  • ネットワークに接続されていない自動車10台よりも1台のコネクティッドカーの方が利益を生み出す(76%)。
  • 今後4年以内にシリコンバレーのIT企業が自動車を発売する(82%)。
  • データのプライバシー/セキュリティが極めて重要な購買基準である(52%)。

地政学的混乱と地域的シフト

  • 2030年までに西欧での自動車生産台数は世界全体の5%未満になっている(65%)。
  • 2030年には中国の自動車販売台数は世界全体の40%を超える(76%)。
  • 2030年までにインドの自動車販売台数が中国に迫るものになる(12%)。

調査方法

調査期間

2016年9月~10月

調査対象者

自動車メーカー、サプライヤー、販売ディーラー、金融機関、レンタカー業者、モビリティサービスプロバイダー、ICT企業等、世界の自動車関連企業の幹部クラス約1,000名、および、世界中の消費者2,400名超

調査方法

インターネットによるアンケート調査

調査対象地域

日韓(10%)、欧州(31%)、北米(13%)、南米(13%)、中国(9%)、インドおよびアセアン(15%)、その他(8%)

対象企業規模

全回答企業のうち3分の2が年間売上高10億米ドル以上の企業であり、そのうち半数が100億米ドル以上の企業

自動車

自動車

監査・税務・アドバイザリーの各専門家がグローバルと連携し、経営課題の解決を支援します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン