変化する市場:自動運転車時代の自動車保険 | KPMG | JP

変化する市場:自動運転車時代の自動車保険

変化する市場:自動運転車時代の自動車保険

自動運転車への転換は、自動車保険業界に、創業以来最も大きな変化をもたらす可能性があります。自動運転技術の進展とモビリティサービスの登場は、人と自動車の関係を劇的に変える可能性があり、これに伴って、自動車保険への考え方も大きく変わるでしょう。保険業界は、将来の破壊的な影響に備えるため、今すぐ行動を起こすことが必要です。

関連するコンテンツ

道路を行き交う自動車

自動運転車への変革には4つの段階的フェーズがあると考えられます。現在は好奇心と導入の「補助輪走行」フェーズですが、2025年には市場にある多くの自動車が入れ替わり、「フルスピード走行」フェーズに移行するでしょう。

事故件数が減り続けることで、保険業界のコスト構造は激変、保険商品の構成も変化し、商業用保険や製造物責任保険が拡大するでしょう。KPMGのモデルによると、25年以内には個人向け自動車保険セクターが現在の40%の規模にまで縮小するシナリオが予想されます。保険引受余力の低減は市場に深刻な問題をもたらし、ビジネスモデルの変化と新規参入が混乱に拍車をかけ、変化のスピードを速めるでしょう。

本レポートでは、自動車保険市場の大変革について、これまでのKPMGの調査などを踏まえ、総合的な見解を示しています。

内容

  1. 保険市場の未来像 - 2030年
  2. 大きな変化に向けた連携:変革のための8つの主要要素
  3. 10年以内に起こるニューノーマル(新常態):段階的変革の4つのフェーズ
  4. 適者生存: 新しい保険業界の展望
  5. 考慮すべき事柄
  6. 次のステップ - 求められる行動

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信