自動車 | KPMG | JP

自動車

自動車

監査・税務・アドバイザリーの各専門家がグローバルと連携し、経営課題の解決を支援します。

監査・税務・アドバイザリーの各専門家がグローバルと連携し、経営課題の解決を支援します。

KPMGでは、自動車産業特有の市場構造や法制度・政策等に精通した監査・税務・アドバイザリーの各専門家がグローバルと連携し、経営課題の解決に向けた総合的なサービスを提供しています。また、自動車産業の動向を調査し、自動車産業の現状と将来見通しに関する洞察を取り纏めたレポートを定期的に発信しています。KPMGは、競争環境の変化に直面する自動車産業の各企業にとって、最も身近で信頼されるパートナーを目指しています。


KPMGグローバルオートモーティブ部門は、自動運転、コネクティッドカー、AI搭載車などの最新の研究と調査に基づき、自動車産業の未来に関するレポートを発行しています。最近発行した日本語版レポートは以下の通りです。
 

  • 自動運転時代の調達改革 - 5つの重要戦略
    自動車メーカーは、これまでとは違った方法でテクノロジー企業と連携し、自動運転やモビリティサービスの開発を進めなければなりません。調達部門の変革をスピーディーに推し進めるための実践的なロードマップを示します。
  • 自動運転で補修部品事業はどうなる?
    自動運転車によって、自動車事故の減少が期待されています。それは間違いなく社会にとって良いことですが、収益性の高い補修部品・サービス事業への大きな影響も予想されます。リスクを軽減する態勢を整える必要があります。
  • 変化する市場:自動運転車時代の自動車保険
    自動運転技術の進展とモビリティサービスの登場は、自動車保険業界に創業以来最も大きな変化をもたらす可能性があります。自動車保険市場の大変革について、これまでの調査などを踏まえ総合的な見解を示します。

ソーシャルメディア

お問合せ

トレンドコンテンツ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信