自動運転時代の調達改革 - 5つの重要戦略 | KPMG | JP

自動運転時代の調達改革 - 5つの重要戦略

自動運転時代の調達改革 - 5つの重要戦略

自動車メーカーは、これまでとは違った方法で、迅速かつ効果的にテクノロジー企業と提携し、自動運転やモビリティの開発を進めなければなりません。新しい供給関係を確立し、未来への道をリードする会社が勝負を制します。

関連するコンテンツ

自動車スターターボタン

自動車メーカーの競争力の1つは、サプライチェーンにあります。調達部門はベンダーやサプライヤーを選定し、管理し、自動車を組み立てるのに必要な資材を注文するという責務を負っています。
しかしながら、非伝統型ベンダーの革新的なエコシステムを管理するには、独特の難しさと多くの複雑さが伴います。ディスラプティブなイノベーションをもたらす会社と効果的な協力関係を築くには、調達部門はオペレーションを再編し、スキルや能力を強化し、新しいアプローチを採用することが必要になるでしょう。
本レポートは、貴社が落とし穴にはまることなく、調達部門の変革をスピーディーに推し進めるための実践的なロードマップです。

内容

  1. イノベーションを前進させる
  2. 新しいビジネスチャンスを加速させる
  3. 調達部門が主導する
  4. 成功と生き残りのための5つの戦略
  5. 最後に
  6. KPMGが選ばれる理由

英語コンテンツ(原文)

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信