電子メール監査/社内ディスカバリー支援サービス

電子メール監査/社内ディスカバリー支援サービス

電子メール監査や社内ディスカバリー演習の実施代行、自社内で実施体制を整備する際のシステム導入や実施手続の設計までを支援します。

電子メール監査や社内ディスカバリー演習の実施代行、自社内で実施体制を整備する際のシステム導入や実施手続の設計までを支援します。

近年、平時の段階から、「電子メール監査」や「社内ディスカバリー演習」を実施する企業が増加しています。平時の段階から改善点を洗い出すことで、緊急時における対応を円滑に進めることが期待できます。また、万が一、贈賄やカルテル等の不適切な問題が発見された際には、当局への自主申告やリニエンシー等を通じて罰金額の減免等を受けられるメリットも期待できます。

 

内容

  1. 電子メール監査の実施代行
  2. 既存の電子メール監査制度の見直し診断
  3. 自社内で電子メール監査体制を整備する際の導入支援
  4. 社内ディスカバリー演習の実施代行
  5. 文書管理体制の短期診断
  6. 自社内でディスカバリー体制を整備する際の導入支援

 

サービス案内(PDF:193kb)

 

お問合せ
TEL:03-3548-5773
FAS-Forensic@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

インサイト

インサイト

ニューズレターや最新情報など、企業経営に役立つ付加価値のある情報を提供しています。KPMGが執筆または翻訳した出版物も掲載しています。