競争法・独占禁止法の遵守体制構築支援 | KPMG | JP

競争法・独占禁止法の遵守体制構築支援

競争法・独占禁止法の遵守体制構築支援

現状診断・制度導入からフォレンジック技術を活用した監査・緊急時対応までの幅広いサービスを提供します。

現状診断・制度導入からフォレンジック技術を活用した監査・緊急時対応までの幅広いサービスを提供します。

次の理由から、競争法・独占禁止法の遵守体制の構築の必要性が高まっています。

  • 日本企業における海外事業の重要度が高まる中で、海外当局による日本企業に対する「カルテル」による摘発リスクが高まっていること。
  • 特に米国・EUの当局から科される制裁金は莫大であるとともに、米国当局により経営層が収監される可能性もあることから、グローバル企業における競争法の違反リスクは「重大リスク」といえること。

各国当局の要求事項にも通用する、競争法・独占禁止法の遵守体制を構築することにより、次のようなメリットが得られます。

  • 「カルテル」を早期発見し、当局に自主申告した場合には、制裁が免除または軽減される可能性があること。
  • 米国当局の捜査において、「有効なコンプライアンス体制」が確立されていると評価された場合には、制裁が免除または軽減される可能性があること。

KPMGは、競争法・独占禁止法の遵守の取組みについて幅広いサービスを提供し、豊富な経験・実績を有しています。

現状診断・評価
1 競争法・独占禁止法の遵守体制短期診断
2 カルテルリスクの評価
3 ディスカバリー対応体制評価

制度設計・導入
4 コンプライアンス体制の導入計画策定
5 方針・行動規範・規程・ガイドライン等の策定
6 導入研修・コンプライアンス研修の実施

監査・モニタリング
7 電子メール監査の実施
8 文書・データ監査の実施

緊急時対応
9 事実調査の実施
10 ディスカバリー対応

サービス案内(PDF:172kb)

 

お問合せ
TEL:03-3548-5773
FAS-Forensic@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信