マネー・ローンダリング(資金洗浄)防止関連サービス

マネー・ローンダリング(資金洗浄)防止関連サービス

金融機関の業務に精通したプロフェッショナルが、不正防止に関する様々なサービスを提供します。

金融機関の業務に精通したプロフェッショナルが、不正防止に関する様々なサービスを提供します。

国内外の法規制・ガイドラインによるベンチマーキングやKPMGのグローバルネットワーク及びこれまでのプロジェクトで築き上げた知見等により、金融機関のAML管理態勢の構築やシステムベンダーへの不正予防システム開発に関するアドバイス等、さまざまなサービスを提供します。

2008年に行なわれた金融活動作業部会(FATF)による第3次対日相互審査後、犯罪収益移転防止法が改正される等、本邦でもマネー・ローンダリング防止に関する取組は進みつつあります。 しかし、グローバルの動きに目を向けると、FATFではリスクベースアプローチ、PEPs、真の受益者等の論点整理を4次相互審査への準備として行っており、更なる対応の強化の要請が想起されます。また、2011年7月に米国が公表した国際組織犯罪(TOC)に対する戦略は、金融機関に求められる金融犯罪対応の外延の広がりを示唆しています。 国内でも、フィッシングや振り込め詐欺による被害の継続的な発生や反社会的勢力排除の動き等を背景に、金融機関に対する顧客資産の保護や犯罪予防等の社会的要請は高まりを見せています。こうした中で金融機関としては、AML、反社会的勢力対応、振り込め詐欺等を個別論点として個々に対応していくのではなく、統合的で効率的な対応を行う必要があります。

KPMGは、金融機関の業務に精通したプロフェッショナルが内外の法規制やガイドライン、KPMGのグローバルネットワークや実績・知見を基に、各金融機関の置かれた環境に適合したAML管理態勢の構築や、不正予防システムの開発・導入等のサポートをいたします。

 

内容

  1. ハイレベルリスク評価
  2. 現状分析・態勢整備支援
  3. 不正防止システムの選定・導入

 

サービス案内(PDF:379kb)

 

お問合せ
TEL:03-3548-5773
FAS-Forensic@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

インサイト

インサイト

ニューズレターや最新情報など、企業経営に役立つ付加価値のある情報を提供しています。KPMGが執筆または翻訳した出版物も掲載しています。