移転価格バリューチェーン分析に備えた税務ガバナンスの構築 | KPMG | JP
close
Share with your friends

移転価格バリューチェーン分析に備えた税務ガバナンスの構築

移転価格バリューチェーン分析に備えた税務ガバナンスの構築

中国など新興国の税務当局を中心に広がるバリューチェーン分析の要求に対し、二重課税を回避するための税務ガバナンス構築を支援します。

中国など新興国の税務当局を中心に広がるバリューチェーン分析の要求に対し、二重課税を回避するための税務ガバナンス構築を支援します。

移転価格税制に係るBEPS最終報告書を受け、バリューチェーン分析を求める税務当局が、中国等新興国を中心に広がっています。国別報告書によりグローバルな損益配分が各国の税務当局に情報共有される2018年12月末以降、多国籍企業グループのサプライチェーン分析に、無形資産評価を加味したバリューチェーン分析が、移転価格分析の方法として普及していく可能性があります。本邦企業において各国の子会社損益についてマネジメントできていない場合、グローバルなバリューチェーン分析に係る説明に一貫性を欠き、移転価格調査で問題となる恐れがあります。そのため、バリューチェーン分析に備えた親会社による税務ガバナンスの構築は急務であり、2018年3月末の国別報告書の提出から2018年12月末の自動的情報交換の開始にかけて体制整備を図っていく必要があります。

KPMGでは、各国の税務当局による国別報告書における損益配分とバリューチェーン分析における価値創造の連鎖に係る関心事項を前提に、二重課税を回避するための税務ガバナンスの構築に向けたアドバイスを提供しています。

 

具体的な対応例

  • 国別報告書提出前の各国税務当局による課税リスクの分析
  • バリューチェーン分析に備えた移転価格ポリシーの策定に係るアドバイス
  • ポストBEPSにおける二重課税リスク回避のための税務ガバナンスの構築に係るアドバイス

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信