グローバルタックスマネジメント | KPMG | JP

グローバルタックスマネジメント

グローバルタックスマネジメント

グローバル企業のベストプラクティスをベースに、日本の多国籍企業の現状やニーズに即したグローバル税務管理支援サービスを提供します。

グローバル企業のベストプラクティスをベースに、日本の多国籍企業の現状やニーズに即したグローバル税務管理支援サービスを提供します。

BEPSへのグローバル対応、移転価格新文書化制度やタックスヘイブン対策税制をはじめとする煩雑な税制改正により、日本の多国籍企業についても直面する税務課題は著しく増加しており、特にグローバルな税務管理並びに税務リスク対応については、かつてないほどの大きな変革が求められています。
KPMGはグローバル企業への様々な税務管理・国際税務サービス提供により培った経験(ベストプラクティス)を有する日本および現地の税務専門家が、一体となって、日本の多国籍企業に対して、その現状やニーズに即した以下のサービスを提供します。また、日本人海外駐在員ネットワークメンバー(グローバルジャパニーズプラクティス、GJP)が海外でのローカル対応をサポートします。

 

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

お問合せ