自動運転車:次なる革命

自動運転車:次なる革命

今、自動車業界は、競争環境だけでなく人と自動車の関係や、道路と都市のデザインをも劇的に変える可能性のある革命的な変化を迎えつつあります。この革命は、自律走行車あるいは「自動運転車」によってもたらされることになるでしょう。それは思ったより早い時機に訪れるかもしれません。KPMGとCenter for Automotive Researchの調査結果をお伝えします。

関連するコンテンツ

KPMGとCenter for Automotive Research(CAR)は共同で本報告書を作成するにあたり、この変化を推進するもの、すなわち、現行技術と新興技術、こうしたイノベーションを市場にもたらすプロセス、消費者に幅広く受け入れられる可能性、自動車業界のエコシステムにもたらす潜在的影響力について検証しました。

調査に際しては、自動車およびハイテク業界の企業幹部、政府官僚など、25人を超えるオピニオンリーダーにインタビューし、業界の動向を分析しました。本報告書では、センサーベースとコミュニケーションベースの車両技術のコンバージェンス(融合)とその影響力に重点を置いて、調査の結果を紹介します。

内容

  1. Gary SilbergとRichard Wallaceからのメッセージ
  2. 革命的な変化を前にして
  3. 市場のダイナミクス
  4. コンバージェンス
  5. 普及
  6. 投資に及ぼす影響
  7. 未来は誰が自動車を製造し、販売するのか

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン