スマートカーのサイバーリスクに関する事例分析 自動車メーカーは先端テクノロジーガバナンスをどう確立すべきか?

スマートカーのサイバーリスクに関する事例分析 自動車メーカーは先端テクノロジーガバナンスをどう確立すべきか?

昨今、自動車に搭載されたテレマティクスシステムやソフトウェアのセキュリティ脆弱性を悪用して、運転席に座ったり車両に直接触れることなく、極めて重要な車両制御システムや駆動系部品など数多くの車両機能を制御できてしまうという事例がいくつも公表されています。

関連するコンテンツ

あるセキュリティ研究者は、こうした脆弱性は一般に普及しているノートPCからでも悪用できると指摘しており、同様の脆弱性を持つ車両モデルも発見されていないだけで、実際には多数存在する可能性があると考えられます。

最近のスマートカーにおけるサイバー脆弱性の事例を用い、KPMGのコネクテッドデバイス提供フレームワークではスマートカーのリスクに対する予防措置やリスク検出手段の構築がどのように策定されるかについて分析しました。

内容

  1. 新たな接続リスクに対応するための枠組み
  2. 今後の規制上の変更点
  3. KPMGの先端テクノロジーリスクサービスについて

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン