グローバル・ジャパニーズ・プラクティス

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス

日本企業の海外事業展開を支援するため、KPMGジャパンではGJP部(Global Japanese Practice)を組織しています。

日本企業の海外事業展開を支援するため、KPMGジャパンではGJP部(Global Japanese Practice)を組織しています。

KPMGは、日本企業の海外事業展開をこまやかに支援するため、世界の主要34ヵ国67都市に、約500名の日本人および日本語対応が可能なプロフェッショナルを配しています。このようなプロフェッショナルを中心に、担当地域の各分野に精通した専門家チームと連携し、海外現地法人に対して、会計監査、税務、トランザクションサービス、財務アドバイザリー、リスクコンサルティング等の幅広いサービスを提供しています。

また、日本においては、中国をはじめ、東アジア、インド、ASEAN、オセアニア、北米、ラテンアメリカのほか、欧州、中東欧、ロシアなど、日本企業の関心が高い新興国及び主要先進国について、カントリーデスクを設置しています。カントリーデスクは当該国駐在経験者が担当し、ご本社のニーズに迅速かつ的確に対応致します。特に、新興国に関しては、駐在経験に基づく実践的で付加価値の高いアドバイスを提供することが可能です。

 

日本人スタッフが駐在する国

国名をクリックすると当該国の日本企業支援に関する情報をご覧いただけます。

Asia Pacific Americas Europe/Middle East/Africa

Australia

Cambodia

China

India

Indonesia

Korea

Laos

Malaysia

Myanmar

Philippines

Singapore

Taiwan

Thailand

Vietnam

Brazil

Canada

Mexico

USA

Baltics(Estonia, Latvia, Lithuania)

Belgium

Czech & Slovakia

France

Germany

Hungary

Ireland

Italy

Kazakhstan(Central Asia)

Kenya

luxembourg

Netherlands

Poland

Romania

Russia

Serbia & Montenegro

Slovenia

South Africa

Spain

Switzerland

Turkey

UAE

UK

 

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

Brexit(英国のEU離脱)に関する解説

Brexitの概要、企業に与える影響、今後の課題などについて、日本語による最新情報を掲載します。

 
続きを読む

海外投資ガイド

海外投資ガイド

海外進出を検討されている、あるいは事業展開されている企業の皆様に、現地での事業活動に役立つと思われる会社法、税制、会計などの主要な法規制動向について解説しています。

お問合せ

KPMG海外ニューズレター

米国、欧州やアジア各国の税制・税法に関する最新ニュースなどの更新情報を、海外で事業展開する企業の実務担当者の方々向けに配信しています。

 
登録フォーム