「KPMG AZSA OSAKA 第2回次世代懸賞論文コンテスト」の開催について | KPMG | JP
close
Share with your friends

「KPMG AZSA OSAKA 第2回次世代懸賞論文コンテスト」の開催について

「KPMG AZSA OSAKA 第2回次世代懸賞論文コンテスト」の開催について

有限責任 あずさ監査法人(本部:東京都新宿区、理事長:酒井弘行)は、大阪事務所が担当して、関西地域※1の若い世代を対象にした「KPMG AZSA OSAKA 第2回次世代懸賞論文コンテスト」を開催しますので、お知らせします。

関連するコンテンツ

本コンテストは「The Clear Choice “KANSAI” 世界に選ばれる関西の未来のために」というテーマに沿い、関西に在住または通学、通勤をしている17-25歳を対象に、昨年より論文の募集を行っており、今回はその2回目となります。内容は関西を軸にした視点で、ビジネスに関連した斬新な内容であることが求められます。応募は2018年9月1日から10月31日、発表は同12月中旬を予定しています。

少子高齢化や地方創生が叫ばれていますが、関西は独自の文化圏を形成し大きな可能性を秘めています。長い歴史の中で、異質なものをつなげ合わせてきた文化に若い世代が有する斬新的な発想を掛け合わすことで、日本や世界が抱える課題を解決できる革新的なアイディアが生まれてくることが期待されます。

あずさ監査法人が掲げるVisionは、「The Clear Choice:社会から選ばれる存在」になることであり、同時に私たちが根差す地域が「選ばれる存在」になるために、地域への貢献もしていきたいと考えています。本コンテストを通じ、関西の若者から未来へ発信されるメッセージが、地域活性化の一助となることを期待しています。

募集要項

テーマ The Clear Choice “KANSAI”「世界に選ばれる関西の未来のために」
応募資格

関西地域※1に在住または通勤、通学する17~25 歳 の社会人、学生(応募時点)
学歴、職歴、国籍は問わない
高校生、留学生も歓迎

※1 関西地域とは大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県の2 府4 県を指す。

字数 3,000~8,000 字程度(要約不要、タイトル含む)
応募期間 2018年9月1日~10月31日(必着)
入賞者発表 2018年12月中旬
応募方法 ウェブサイトから応募用紙を入手の上、必要事項を記載し、コンテスト事務局に郵送するか、eメールでお送りください。
入賞者発表 2018年12月中旬(書面にて本人に通知)
大賞(1点):賞状及び30万円
優秀賞(数点):賞状及び5万円
審査員

KPMGジャパンCEO、あずさ監査法人 大阪事務所長 他

注意事項
  • 論文は、日本語で執筆された自作かつ未発表のものに限る。
  • 論文の中で他の著作物を引用する場合はその箇所を明記、出所も記載のこと。
  • 図表やデータは字数に含めない(別途添付可能)。
  • 応募書類等は返却しないため、必ずデータの控えを取っておくこと。
  • 受賞された場合、応募者名・内容(アイディア)などは公表する場合があることを事前に了承のこと。
  • 応募された論文の著作権は応募者に帰属する。

 

提出先・論文に関するお問い合わせ先

〒541-0048 大阪市中央区瓦町3丁目6番5号 銀泉備後町ビル
あずさ監査法人 管理部 次世代懸賞論文コンテスト事務局
奥・南部
電話番号:06-7731-1005
FAX:06-7731-1011

※なお、選考結果及び理由等に関する問い合わせには応じかねますのでご了承ください。

あずさ監査法人について

有限責任 あずさ監査法人は、全国主要都市に約6,000名の人員を擁し、監査や各種証明業務をはじめ、財務関連アドバイザリーサービス、株式上場支援などを提供しています。 金融、情報・通信・メディア、製造、官公庁など、業界特有のニーズに対応した専門性の高いサービスを提供する体制を有するとともに、4大国際会計事務所のひとつであるKPMGインターナショナルのメンバーファームとして、154ヵ国に拡がるネットワークを通じ、グローバルな視点からクライアントを支援しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信