RPA/デジタルレイバーとは? | KPMG | JP

RPA/デジタルレイバーとは?

RPA/デジタルレイバーとは?

動画でRPA/デジタルレイバーとは何か、をわかりやすく解説しています。デジタルレイバーはホワイトカラーの定型業務を自動化するソフトウェアロボットです。デジタルレイバーを上手に使うことで、生産性の飛躍的な改善が望め、節約できた時間で、より付加価値の高い業務を行うことができるようになります。

関連するコンテンツ

例えば、社内の経理部門で膨大な時間をかけている、経費書類のチェック。
今までは、エクセルファイル等に記載された経費情報を、担当者が領収書や運賃計算ソフト等と突合しながら、1件あたり何分もかけて精査していました。
 

しかし、ソフトウェアであるデジタルレイバーは、同じ作業を秒単位で実行。
人の手順を学習させることで、スピーディかつ確実に働きます。
しかも、人がコンピュータ上で行うほとんどの作業をこなすことができるという、汎用性の高さを誇ります。
 

このように、デジタルレイバーは、“寝ない、疲れない、休まない、忘れない、ミスをしない、文句を言わない、退職しない”最強のパートナーとして、すでに世の中のいたるところで活躍しています。
 

いま、多くの日本企業が、このデジタルレイバーに注目しています。
少子高齢化による労働人口の減少。政府主導によるワークライフバランスの促進。
企業が成長し続けるためには、これらの制約に対応しながら、社員一人ひとりが今まで以上に付加価値の高い業務をこなしていかなければなりません。
だからこそ、デジタルレイバーは、会社に必須のパートナーになるのです。
 

今後、私たちが直面するのは、世の中の約半分の仕事が、コンピュータや人工知能によって自動化・機械化される時代。
デジタルレイバーに任せられる仕事はデジタルレイバーに・・・
人にしかできない仕事は人に・・・
あなたの会社、デジタルレイバーと一緒に働いていますか?

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)

RPA(Robotics Process Automation)とは、仮想知的労働者(Digital Labor)とも呼ばれ、従来人手で行っていた業務をAIや機械学習等を含む認知技術の活用により自動化するものです。本ページでは、RPAに関する情報をご紹介します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信