RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション) | KPMG | JP

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)

RPAとは、仮想知的労働者(デジタルレイバー)とも呼ばれ、従来人手で行っていた業務をAIや機械学習等を含む認知技術の活用により自動化するものです。AI/RPA時代の働き方改革、今後のホワイトカラー業務の姿などの解説記事や、RPAをわかりやすく理解できる動画を掲載しています。

RPAとは、仮想知的労働者とも呼ばれ、人手で行っていた業務をAIや機械学習等を含む認知技術の活用で自動化するものです。AI/RPA時代の働き方改革などの解説、動画を掲載しています。

RPA(Robotics Process Automation)とは

RPAを理解する上でのポイント

RPAとは、仮想知的労働者(Digital Labor)とも呼ばれ、これまで人手で行っていた業務をAIや機械学習等を含む認知技術の活用により自動化するものです。

デジタル・レイバー:Digital Labor
仮想知的労働者と呼ばれ、今まで人にしかできないと思われていた大部分を自動処理するソフトウェアです。

デジタル・レイバーができること
例えば社内の経理部門で膨大な時間をかけている経費情報のチェックなどを、秒単位で実行。人の手順を学習させることで、スピーディーかつ、確実に働くうえ、人がコンピュータ上で行うほとんどの作業をこなすという汎用性の高さを誇ります。

なぜ多くの企業から注目されているか
少子高齢化による労働人口の減少、政府主導によるワークライフバランスの促進などの環境変化の中で、企業が成長し続けるためには、これらの制約に対応しながら、社員一人一人が今まで以上に付加価値の高い業務をこなしていかなければならないためです。

お問合せ