破壊的技術の兆候:テクノロジーセクター『破壊される破壊者』 | KPMG | JP

破壊的技術の兆候:テクノロジーセクター『破壊される破壊者』

破壊的技術の兆候:テクノロジーセクター『破壊される破壊者』

テクノロジー企業はつねに変化にさらされています。次から次へと現れる新しい技術がテクノロジーセクターを破壊しつつある今、テクノロジー企業のリーダーたちが最善の選択をするためにはどうすれば良いのでしょうか?KPMGは、世界規模で実施した「破壊的技術(Disruptive Technology)」に関する意識調査で得られた洞察を基に、テクノロジー企業のリーダーたちがどの技術を、いつ採用するかを決めるための指針となる枠組みを組み立てました。

関連するコンテンツ

3分の2以上(67%)のテクノロジー企業のリーダーたちが、新しい市場への参入や新たな顧客層の獲得、より効率的なビジネスモデルの構築など、「破壊的技術は自社およびテクノロジー業界にプラスの効果をもたらしている」としている一方で、多くのリーダーが「破壊的技術と、破壊的技術によりもたらされる様々な変化に対する準備ができていない」と回答しています。

また、今回の調査結果から多くのテクノロジー企業が、同時に様々な新しいテクノロジーに投資を行っていることがわかりました。どのテクノロジーが将来、テクノロジー企業に最大の効果をもたらすものか確信を持てていないとともに、「破壊的技術への投資に関する明確な戦略を持てていない」ということを示す中、KPMGでは、今回の調査結果を踏まえて、テクノロジー企業が破壊的技術へ投資を行う際と、破壊的技術を導入する際に、テクノロジー企業のリーダーたちがとるべき5つの重要な行動を定義しました。

  1. 破壊的技術が組織に与える影響を理解する
  2. 破壊的技術への投資を企業戦略と合致さえる
  3. 今日のテクノロジーと明日のテクノロジーへの投資のバランスをとる
  4. 投資に敏捷性を持たせる
  5. 組織を変革起動に乗せる

内容

  1. エグゼクティブサマリー
  2. ハイライト
  3. 破壊される破壊者
    ・競争力と関与ルールの見直し
  4. 大転換:破壊的技術が組織の与える影響
    ・オペレーティングモデルの改善
    ・ビジネスモデルと顧客体験の変革
    ・破壊的技術への投資
  5. 破壊的技術の価値マップ:投資と影響の交錯点
    ・破壊的技術:必須技術か有望株か?
  6. 破壊的技術のための組織改革
    ・破壊的技術には明確な戦略が必要
  7. まとめ:破壊の舵取りを成功させるために

グローバル調査について

KPMGは、2016年1月、破壊的技術が主要企業の組織や顧客に与える影響についてより深く理解するために、テクノロジーセクターにおける破壊的技術の採用動向を調べるグローバル調査の実施を、Forrester Consulting社に委託し、16ヵ国のテクノロジー企業のシニアエグゼクティブ580名を対象に調査を行いました。

マネジメントコンサルティング

マネジメントコンサルティング

戦略からITまで、様々な企業変革とプロジェクトの実行をサポートします。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信