関税の適正化サポート | KPMG | JP

関税の適正化サポート

関税の適正化サポート

KPMG関税・間接税チームは、事案に応じ、様々な関税・間接税に係わる業務を提供します。

KPMG関税・間接税チームは、事案に応じ、様々な関税・間接税に係わる業務を提供します。

支払関税額が製造原価、営業利益、商品の価格競争力等に直接影響を及ぼす重要な経費項目であるとの認識に基づき、多くの欧米多国籍企業では支払関税額の節減をグループ会社全体としての取り組みと位置づけた上で、世界的な関税削減プランニングを策定・導入しています。

今後は日本企業においても、欧米企業のベストプラクティスにならい、積極的な関税コスト削減プランニングを行っていけるような組織作りの整備が望まれます。そこで、関税に関する現状把握を行った上で、関税の適正化のためのサポートをさせていただきます。また、関税の適正にあたっては、法人税の移転価格も十分考慮する必要があることから、移転価格の専門家も関与しながら、関税の適正化のためのサポートをさせていただきます。

 

具体的な対応例

  • 関税番分類の適正化に係るアドバイス
  • 買付代理人契約
  • ファーストセール
  • アンバンドリング
  • 移転価格評価との調和
  • 関税包括評価申告に係るアドバイス

 

お問合せ
KPMG税理士法人
TEL:03-6229-8000
info-tax@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信