金融機関向けサイバーセキュリティリスク対応支援

金融機関向けサイバーセキュリティリスク対応支援

金融業界を取り巻くサイバー攻撃の脅威に対抗するための包括的なサービスを提供します。

金融業界を取り巻くサイバー攻撃の脅威に対抗するための包括的なサービスを提供します。

営業秘密や個人情報の詐取・漏えい、基幹システムの停止、社会インフラ制御系システムの破壊など、サイバー攻撃は事業継続上深刻なダメージを引き起こし、その対応は喫緊の課題となっています。さらに金融機関にとっては、自社への攻撃に加え、顧客の金融資産、PCやモバイル・デバイスへの攻撃にも備えなければいけません。手口は想定を上回るスピードで進化しており、総合的でプロアクティブな対策が求められています。

金融機関は、マン・イン・ザ・ブラウザ(MITB)、マン・イン・ザ・ミドル(MITM)、マルウェア感染、フィッシング攻撃などによる、顧客の金融資産や顧客のPC等への攻撃にも備えなければいけません。
金融庁も、世界的規模で生じているサイバーセキュリティに対する脅威の深刻化、インターネットバンキングに係る犯罪手口の高度化・巧妙化への問題意識を高めており、金融機関の顧客情報管理態勢、外部委託先管理態勢、サイバーセキュリティ管理態勢、預金取扱金融機関におけるセキュリティ対策や顧客対応は一層の高度化が求められています。
サイバーセキュリティは、日々進化する新たな手口に対する継続的な管理態勢として日々の業務運営に反映されなければいけません。
KPMGは、金融業界を取り巻くサイバー攻撃の脅威に対抗するための包括的なサービスを提供します。

 

内容

  1. 高度化する攻撃の手口
  2. 金融機関に対する脅威
  3. 金融機関に求められる総合的かつプロアクティブな対応
  4. KPMGのサービス

サービス案内(PDF:170kb)

 

関連リンク

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

インサイト

インサイト

ニューズレターや最新情報など、企業経営に役立つ付加価値のある情報を提供しています。KPMGが執筆または翻訳した出版物も掲載しています。