サイバーセキュリティ金融庁検査マニュアル改定対応支援 | KPMG | JP

サイバーセキュリティ金融庁検査マニュアル改定対応支援

サイバーセキュリティ金融庁検査マニュアル改定対応支援

金融業界を取り巻くサイバー攻撃の脅威に対抗するための包括的なサービスを提供します。

金融業界を取り巻くサイバー攻撃の脅威に対抗するための包括的なサービスを提供します。

外部委託先が関わる情報漏えいの発生やサイバー攻撃の増加を受け、金融庁は、2015年4月6日に「金融分野における個人情報保護に関するガイドライン」、「金融分野における個人情報保護に関するガイドラインの安全管理措置等についての実務指針」の改正案を公表した他、 4月22日に監督指針、検査マニュアルを改正しました。さらに7月2日には、「金融分野におけるサイバーセキュリティ強化に向けた取組方針」が公表されました。

金融機関には、ますます高度化するサイバー攻撃や情報漏えいリスクの高まりに備えるために、従来のIT部門を中心とした対応にとどまらず、経営主導での部門横断的な取組が求められます。
KPMGは、金融業界を取り巻くサイバー攻撃の脅威に対抗するための包括的なサービスを提供します。 

 

内容

  1. 金融庁のガイドライン
  2. 金融機関の経営陣に求められる、より組織横断的な対応
  3. 顧客の信頼・安心感の確保
  4. KPMGのサービス

サービス案内(PDF:192kb)

 

関連リンク

 

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信