IFRSアドバイザリー | KPMG | JP

IFRSアドバイザリー

IFRSアドバイザリー

各企業のそれぞれの目的に応じた、きめ細かなIFRS導入支援サービスを提供します。

各企業のそれぞれの目的に応じた、きめ細かなIFRS導入支援サービスを提供します。

日本において、IFRS任意適用企業の拡大のための施策が講じられているなか、IFRSを任意適用する企業の数は増加していますが、その適用の目的はさまざまです。IFRS導入を契機としてグループ全体の会計ガバナンスを強化し、連結経営管理の高度化に繋げることを目的とする場合もあれば、グローバルな視点から、競合他社との比較可能性や海外における信用力の向上を目的として、IFRSを適用する場合もあります。

KPMGは、各企業のそれぞれの目的に応じた、きめ細かなIFRS導入支援サービスを提供します。

 

会計基準差異分析/開示差異分析

  • IFRS GAP分析
    会計方針・処理に係るIFRS要求事項の網羅的な抽出とローカル基準との比較を行い、異なる会計方針の特定を支援します。
  • 会計方針の検討及びグループ会計方針の決定
    GAP分析の結果をもとに選択可能な会計方針を抽出、企業の方針に適した案を選択し、グループ会計方針の決定を支援します。
  • IFRS開示要求事項のGAP分析
    開示に係るIFRS要求事項の網羅的な抽出とローカル基準との比較を行い、異なる開示要求事項の特定を支援します。

 

会計方針書の作成/モデル財務諸表の作成

  • 会計方針書の作成
    連結グループガバナンスの方針や現在の規程体系に配慮し、IFRS導入に必要な会計関連規程の整備を行うとともに、グループ会計方針の文書化を支援します。
  • モデル財務諸表の作成
    実際の開示内容をシミュレーションすることにより、IFRSベースの財務諸表における開示イメージの把握を支援します。
  • FIT&GAP分析
    会計方針書及びモデル財務諸表を用いて、企業のグループガバナンスに適したものであるか検討を行い、事前に決定したグループ会計方針及びモデル財務諸表の変更の要否の判断を支援します。

 

業務・システム改善分析

  • 決算指示書(暫定)の作成
    ローカル財務諸表からIFRS財務諸表へ組替を行うための仕訳(=IFRS組替仕訳)を特定し、決算指示書(暫定)の作成を支援します。IFRS組替仕訳の特定には「会計数値を算定するために必要な情報」を含みます。
  • 連結レポーティングパッケージ(暫定)の作成
    IFRS財務諸表を作成するために必要な注記情報を含んだ連結レポーティングパッケージ(暫定)の作成を支援します。
  • IFRSトライアル財務諸表の作成
    決算指示書(暫定)及び連結レポーティングパッケージ(暫定)を用いて、IFRSトライアル財務諸表の作成を支援します。当該作業を通じて、IFRS組替仕訳及び注記事項のデータ源泉を明らかにするとともに、情報の収集プロセスが確立しているのかを確認します。
  • 業務・システム改善施策の策定・実行
    IFRS財務諸表のトライアル作成を通じて、情報の収集プロセスが確立していないと判断されたIFRS組替仕訳及び注記事項に係る情報について、業務・システムの改善施策の策定・実行を支援します。

 

IFRS財務諸表の作成

  • 決算指示書(確定)の作成
    最終的に起票すべきIFRS組替仕訳を特定し、IFRS財務諸表を作成するための決算指示書(確定)の作成を支援します。
  • 連結レポーティングパッケージ(確定)の作成
    連結レポーティングパッケージ(確定)の作成を支援します。
  • 比較年度IFRS財務諸表の作成
    開始財政状態計算書、連結財務諸表(注記項目含む)の作成、及び会計監査人の指摘事項への対応を支援します。
  • 本番年度IFRS財務諸表の作成
    連結財務諸表(注記項目含む)の作成、連結決算業務の継続的改善を支援します。

 

お問合せ
KPMGアカウンティングアドバイザリーグループ
info-aas@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信