事業再編等における財務諸表作成支援 | KPMG | JP

事業再編等における財務諸表作成支援

事業再編等における財務諸表作成支援

KPMGの会計専門家が、財務諸表作成を支援します。

KPMGの会計専門家が、財務諸表作成を支援します。

事業分離・売却や企業の買収・処分の際に、買手企業からの要求などにより、当該事業部門や事業グループの(連結)財務諸表が必要になるケースがあります。この場合、従来において当該事業部門や事業部グループの(連結)財務諸表を作成していない場合には、以下の手法により(連結)財務諸表を作成する必要があります。

 

  1. 一定の仮定に基づき当該事業の財務情報を切り出したPro-forma(プロフォーマ)財務諸表を作成する。
  2. 親会社の連結財務諸表を作成するために作成していたレポーティングパッケージを用いて、当該事業グループについてのサブ連結財務諸表を作成する。

 

サービスの概要

KPMGの会計専門家が、上記のような場面において、その作成にあたり以下の観点からトータルに支援いたします。

 

  • 作成に必要な情報の特定及び収集
  • 注記を含む財務諸表の作成
  • 継続的な財務諸表作成体制の構築
  • 作成プロジェクトのプロジェクトマネジメント

 

お問合せ
KPMGアカウンティングアドバイザリーグループ
info-aas@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信