ピープル&チェンジ | KPMG | JP

ピープル&チェンジ

ピープル&チェンジ

KPMGの海外ネットワークを活用しながら、実現可能なグループ人事制度の構築や高度化を支援します。

KPMGの海外ネットワークを活用しながら、実現可能なグループ人事制度の構築や高度化を支援します。

国内マーケットの成熟に伴い、多くの日本企業では海外展開を余儀なくされており、海外進出、海外事業の拡大に適応できる人材(グローバル人材)の育成が急務となっています。また、海外拠点に派遣される駐在社員のみならず、日本国内で働く社員に対しても、意識改革やグローバル人材としてのマインドセットが不可欠です。

さらに、組織を成長に導ける優秀人材の獲得、グループ内人材の最適配置、海外拠点における社員のキャリアパスなど、グローバルビジネスを支える組織・人的基盤の構築が求められています。グループ人事の推進には、ビジョンと戦略を明確にした上で、役割・処遇ルール、特に業績評価尺度と昇進基準などが、グループ内の経営層の間で共有化されている必要があります。そのポイントは、検討段階で国内のみならず海外の主要なキーパーソンを巻き込み、合意形成を図りながらプロジェクトを推進することが非常に重要になります。さらに、各国の労働法制が異なるため、事前の労務リスクを把握しておくことが人事制度を構築する上で不可欠です。KPMGでは海外のネットワークを活用しながら、実現可能なグループ人事制度の構築や高度化を支援します。

 

実態調査と組織人材リスク評価支援

現地調査・インタビュー・アンケート等を通じて、本社・現地法人の「組織運営」「業務」「人事(育成・配置等)」の実態を把握し、組織人材リスクへの対応状況を評価し、改善へ向けた提言を行います。また、グローバル組織運営体制高度化の観点から、国内と海外拠点の責任・権限配分上の課題抽出並びに改善提案を行います。


グループ人事制度構築支援

グループ人材活用の最適化を可能にするグループ人事制度の構築を支援します。例えば、グループ全体における人事の基本思想や期待する人材像を明確化したグループ人事方針の策定支援、各資格で必要とされる業務・責任・権限の範囲および要件(能力、スキル、知識等)定義や人事評価制度の構築支援、グローバルベースでの報酬の考え方や処遇ルール(業績評価尺度と昇進基準等)策定、インセンティブ制度等のグローバル報酬制度の構築支援、グローバル人材の選抜方法、育成の仕組み、異動・配置方針、グローバル幹部登用のためのキャリアパス構築によるグローバル人材育成制度の構築支援等を提供しています。


合意形成(コミュニケーション)支援

グローバル方針やグローバル人事制度策定にまつわる合意形成のファシリテーションやグローバルマインドを醸成するための意識改革の支援を行います。


M&A組織再編に伴う組織人材マネジメント支援

タレントマネジメント支援

チェンジマネジメント支援

人事・労務リスクマネジメント支援

人事制度構築および運用支援

役員報酬制度構築支援

組織風土実態調査

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

インサイト

インサイト

ニューズレターや最新情報など、企業経営に役立つ付加価値のある情報を提供しています。KPMGが執筆または翻訳した出版物も掲載しています。