第三者へのデータ転送 | KPMG | JP
close
Share with your friends

第三者へのデータ転送

第三者へのデータ転送

私達は、利用者の要求に応えるために正当な職業上およびビジネス上の目的で必要な場合、および/または、法もしくは職業上の基準により要求もしくは許可された場合を除き、第三者に個人情報を共有しません。これは、次のような場合を含みます。

  • サービス・プロバイダー:KPMGは、信頼に足るパートナー、サービス・プロバイダーまたは諸機関が、私達に代行して利用者の個人情報を処理できるよう連携しています。KPMGは、それらの第三者がデータ処理およびセキュリティーに関する厳格な基準を満たした場合に限り、個人情報を転送します。私達は、それらの第三者によるサービスの提供に必要なものに限り、個人情報を共有します。
  • 組織再編または別組織への売却の場合:KPMGは、データが関係するサイト業務の売却、譲渡、その他の移譲に関連して、個人情報を開示する場合があります。
  • 裁判所、審判所、法執行機関または規制機関:KPMGは、裁判所、審判所、政府機関もしくは法執行機関の要請に応じるため、または適用法、裁判所もしくは審判所の命令もしくは規則、政府の規制の遵守にあたり必要もしくは賢明である場合、個人情報を開示することがあります。
  • 監査:データのプライバシーもしくはセキュリティー監査、および/または苦情もしくはセキュリティー脅威に関する調査もしくは回答を行うために、個人情報の開示が必要となる場合もあります。
  • 保険会社:私達の専門的なルールおよびビジネス要件は、私達の事業活動が重大な保険の対象となることを意味します(以下これを「保険プログラム」と称する)。これは、クライアントにサービスを提供する過程で発生する可能性のあるクレームに対する費用に関し、KPMGネットワークのメンバー・ファームを支援するために必要です。保険プログラムを効果的に機能させるために、保険プログラムには、保険市場における異なる第三者(例えば、ブローカー、保険会社・再保険会社、ならびにプロフェッショナル・アドバイザーおよび請求によりその他の第三者)が介入します。これらの保険市場関係者により、利用者の個人情報を開示することが求められることがあります。関連する利用者に対し、保険市場関係者に法的および規制上の義務を遵守することが認められる主張がある場合、個人情報は保険市場関係者が保険プログラムの引き受けおよび継続的な管理のために使用されます。これらの保険市場関係者の一部は、私達に代行して(上記サービス・プロバイダーと同様に)利用者の個人情報を取り扱いますが、私達から独立した形で情報が処理されることもあります。