Market Check!:セクター別EV/EBITDA倍率トレンド | KPMG | JP
close
Share with your friends

Market Check!:セクター別EV/EBITDA倍率トレンド

Market Check!:セクター別EV/EBITDA倍率トレンド

ハード中心からソフト中心のセクターまで、6セクターをピックアップして、日米中の主要市場のマーケット・マルチプル定点観測データを提供します。

関連するコンテンツ

M&Aは企業の成長戦略を実現していく上で重要なツールであり、日本企業による国内M&A、クロスボーダーM&Aは共に増加を続けています。
自社の属するセクターのみならず、近年加速するクロスセクターのM&Aに関する参考情報としてもお役立てください。

EV/EBITDA倍率推移チャート:日本

(グラフ上にマウスを合わせるとそれぞれの数字が表示されます。)

EV/EBITDA(日本)

セクター別 各国比較EV/EBITDA倍率推移チャート:日本・米国・中国

EV/EBITDA倍率:

EV(企業価値)がEBITDA(利払前税引前償却前利益)の何倍かを指す指標
※本分析では、EVを時価総額 + 有利子負債総額で算出。EBITDAは直近12ヵ月の値。

 

算出方法
日米中の代表的な株価指数(JPX日経400:S&P500:CSI300)の構成銘柄について、GICS(世界産業分類基準)をもとにKPMGで定義した6セクター「エナジー・公益事業・通信」、「素材・資本財」、「自動車・耐久消費財」、「消費財・小売」、「IT・インターネット」、「医薬・ヘルスケア」に分類し、経年のEV/EBITDA倍率をチャート化しています。


データ出所
Capital IQ、Bloomberg


6業種ごとの主な構成銘柄

区分 産業分類
エナジー・公共事業・通信 エネルギー設備・サービス/石油・ガス・消耗燃料/電気通信、無線サービス、独立発電事業/電力、ガス、水道/総合公益事業
素材・資本財 化学、機械、半導体、航空宇宙・防衛/金属・鉱業/紙製品・林産品、容器・包装/建設、土木、電気設備、建設資材/商社・流通業、コングロマリット
自動車・耐久消費財 自動車部品/自動車/家庭用耐久財
消費財・小売 小売・販売/飲料/食品/タバコ/家庭用品、パーソナル用品
IT・インターネット インターネット販売・カタログ販売/インターネットソフトウェア・サービス/情報技術サービス/ソフトウェア
医薬・ヘルスケア ヘルスケア関連/バイオテクノロジー/医薬品/ライフサイエンス・ツール サービス
構成銘柄数(2018/3期)

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信