サイバーセキュリティサーベイ2017

サイバーセキュリティサーベイ2017

KPMGコンサルティングは、「サイバーセキュリティ経営」の実態を明らかにすることを目的に、国内企業の情報セキュリティ責任者を対象にしたアンケート調査を実施しました。

関連するコンテンツ

経済産業省から「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」が公開され、多くの企業がサイバーセキュリティ経営を推進する中、そもそもサイバーセキュリティを経営リスクとして管理できていない、経営層と現場担当者とで意識に差があるなど、さまざまな課題を抱えているのが実態です。

本サーベイでは、日本企業におけるセキュリティ被害の実態と対策の実情、またそこから浮かび上がった課題、「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」に対する対策の実施状況についてまとめています。

なお、全文をご希望の場合は、資料請求ページよりお申込みください。

内容

  1. エグゼクティブサマリー
  2. 実態:セキュリティ被害の実態と対策の実情
  3. 課題:情報セキュリティはITによる対策の域を超えていない
  4. 戦略:サイバーセキュリティ経営を実践するために

サイバーセキュリティアドバイザリー

サイバーセキュリティアドバイザリー

サイバー攻撃の脅威に適合した取組みを支援し、サイバー攻撃防御態勢の高度化を支援します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン