グローバル企業における税務部門の現状と展望:グローバルベンチマーク調査

グローバル企業における税務部門の現状と展望:グローバルベンチマーク調査

KPMGインターナショナルでは、グローバル企業における税務部門の現状や展望に関するベンチマーク調査を全世界的な規模で実施しました。調査項目については、税務部門の職務の範囲、部門の構成、予算など、税務部門の責任者が、税務部門の現状や将来の体制を検討される際に有益なポイントがカバーされています。

関連するコンテンツ

考え事をする人々

将来の税務部門の体制を検討するための現状の把握

昨今の急速なテクノロジーの進歩や法令遵守への高まりなど、かつてないビジネス環境の下、税務部門の責任者は、自社の税務部門の発展のために、日々重要な意思決定を迫られています。

自社の税務部門の現状を把握し、さらに全世界のグローバル企業における税務部門の傾向を知り、それと比較することは、今後どのような変革を成し遂げていくべきかを検討する上で非常に有用です。

KPMGインターナショナルでは、世界中の税務部門の責任者にとって価値のある統計結果を提供するよう、本グローバルベンチマーク調査を企画・実施し、これまでに得られた30か国以上、約300人の税務部門の責任者からの回答を集計し、その概要を本報告書に取りまとめました。

2016年11月時点の回答結果を本報告書でご覧いただけますが、ベンチマーク調査は現在も引き続き参加・回答を受け付けております。主要な項目に関する個別比較レポートを入手することも可能ですので、ぜひ本グローバルベンチマーク調査にご参加ください。

サーベイへのアクセスはこちらとなります。

本調査のオリジナル英語版について

本調査のオリジナル英語版についてはこちらをご覧ください。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン