納税者も認めていた収益の隠匿に対するペナルティの取消し事例 | KPMG | JP

納税者も認めていた収益の隠匿に対するペナルティの取消し事例

納税者も認めていた収益の隠匿に対するペナルティの取消し事例

India News - 収益の隠匿に対するペナルティは、移転価格調査担当官(TPO)による調整を経て、納税者が認めていたものの、取り消されました。

関連するコンテンツ

デリー高等裁判所は、Mitsui Prime Advanced Composites India Pvt. Ltd.(以下、「納税者」)の件において、税務当局の訴えを退け、Income-tax Act, 1961のSection 271(1)(c)に基づきペナルティを取り消した裁判所の命令を支持しました。

高等裁判所は、納税者の主張は新しい製造事業についてのものであり、納税者がその便益、利益の申告を怠ったことそのものは、税務当局が考えているようなSection 271(1)(c)のExplanationの自動的な推定適用の要因にはあたらないとの見解を示しました。

(Tax Flash News-英語原文はこちら)
Penalty for concealment of income is to be deleted even though adjustment made by the TPO is accepted by the taxpayer(English PDF:333kb)

担当者:笠間 智樹、大谷 尚功

インド

インド

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス - 駐在経験者を中心に、駐在員および現地プロフェッショナルと連携して効果的なサービスを提供します。

India News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信