金融機関に求められるグローバルプライバシー管理 | KPMG | JP

金融機関に求められるグローバルプライバシー管理 - EU一般データ保護規則の施行を踏まえて

金融機関に求められるグローバルプライバシー管理

近年、プライバシー保護に関する法規制の改正がグローバルで相次いでおり、2017年5月に施行される国内の改正個人情報保護法を含め、今後も各国で法規制の改定が見込まれている。

関連するコンテンツ

本稿では、金融機関におけるプライバシー保護に着目し、EU一般データ保護規則への対応を例に挙げ、どのような対応が求められるのかについて論じたい。

内容

  1. 施行が相次ぐプライバシー保護関連法制
  2. GDPRの影響と金融機関に求められる対応
  3. 考えられる金融機関への具体的影響
  4. 今、何をすべきか

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
シニアマネジャー
宮脇 篤史

シニアコンサルタント
関本 勘楠

リスクコンサルティング

リスクコンサルティング

KPMGでは、リスクマネジメント・コンプライアンス・内部統制・内部監査・情報セキュリティ・人事マネジメント等に関する取組みの支援で得られた実務ノウハウを活用し、各企業に最適なグローバル・グループマネジメントの実現を支援します。

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信