GDPR EU一般データ保護規則

GDPR EU一般データ保護規則

EU一般データ保護規則(General Data Protection Regulation: GDPR)は、デジタル革命が続く現在において、EU市民の個人情報を取り扱う際に要求される基準を、ヨーロッパの視点から設定し、制定されたものです。

1000

関連するコンテンツ

4年間の長きにわたる欧州議会の議員による困難な交渉の結果、GDPRを批准したことによって、ヨーロッパでは個人のプライバシー権を引き続き重視していくという姿勢が全世界に強く印象づけられました。GDPRは非常に強力な規則であり、これまでのEUのプライバシー規制環境からの大きな変化を意味しています。

GDPRでは、負荷が高く複雑で新しい要件が多数導入されます。その一部は本レポートで解説しますが、重要なのは、EU加盟国全域に単一のプライバシー関連規則が初めて適用されるということです。また、GDPRはEU圏のみに留まらずに影響を及ぼすため、その調整活動は国境を越えて対応する必要があります。
本レポートでは、2018年5月に施行されるGDPRについて、解説します。

サイバーセキュリティアドバイザリー

サイバーセキュリティアドバイザリー

サイバー攻撃の脅威に適合した取組みを支援し、サイバー攻撃防御態勢の高度化を支援します。

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン