第22回 ICGN-IIRCカンファレンス参加報告 | KPMG | JP

第22回 ICGN-IIRCカンファレンス参加報告

第22回 ICGN-IIRCカンファレンス参加報告

未来を拓くコーポレートコミュニケーション - 2016年12月6日から7日にかけて、ロンドンにて国際コーポレート・ガバナンス・ネットワーク(ICGN)と国際統合報告評議会(IIRC)が、初めて共同でカンファレンスを主催し、30市場から400名超の企業や投資家等の参加がありました。

関連するコンテンツ

当該カンファレンスのテーマは、投資家や企業等の資本市場の関係者が、長期的な価値創造を実現するために何をすべきか、というものでした。
2001年に発生した「9・11テロ」、2008年のリーマンショックによる世界的な金融危機等により、経済市場に対して失われた信頼感を取り戻すためには、ESG(環境・社会・ガバナンス)に配慮したサステナブルな企業経営と投資行動が不可欠であり、企業と投資家が長期的な視点にたってコミュニケーションをする重要性もカンファレンスを通じて繰り返し唱えられていました。ESGや知的資産等の非財務的事項は、しばしば英語でpre-financial mattersとも言われますが、このような非財務的事項は、現在は財務的な数値として現われていないものではありますが、中長期の将来的に財務的な価値に繋がっていくことを意味します。たとえば、環境に配慮した経営を行うことにより、その企業は顧客、社会、投資家等から評価され、その結果、企業の収益や利益が伸び、サステナブルな経営が可能となります。
したがって、サステナブルな経済市場を目指すためには、企業は、短期的な財務利益を追求するだけでなく、中長期的な視点をもってESG等の非財務的な事項も経営戦略に取り入れた「統合的思考(integrated thinking)」を実施し、それを投資家に「統合的に報告(integrated reporting)」することより、投資家も長期的な責任ある投資判断が可能になると言えます。日本においては、いまだ、コーポレートガバナンスの議論が、制度や組織設計の在り方に軸足が置かれることが多いですが、カタチから実質への転換のためには、統合的思考が不可欠であるとの指摘が示唆に富むもので
した。
当カンファレンスは、ICGN ChairであるErik Breen氏、および、IIRC ChairであるMervyn King博士による開会の挨拶から始まり、ICGN Lifetime Achievement Award授賞式の後、世界銀行の元、Managing Director & Chief Financial Officer であるBertrand Badre氏からの基調講演がありました。その後、5つのPlenary セッションおよびBreakfastセッションがありました。
当原稿においては、Mervyn King氏のスピーチに加え、いくつかのセッションについて、紹介をさせていただきます。
なお、KPMGは、プラチナムスポンサーとしてAICPA、ACCA、CIMAと共に当カンファレンスに協賛しました。

内容

  1. Day 1
    1. 開会の挨拶および ICGN Lifetime Achievement Award
    2. 基調講演
    3. Plenary 1: Aligning the capital market system for 21st century needs
  2. Day 2
    1. Hosted session: Building credibility and trust around corporate reporting innovations (hosted by CAQ)
    2. Plenary 2: Building multi-capital business models for future value
    3. Hosted session: Non-GAAP measures that support investor insight(hosted by KPMG)
    4. Plenary 5: How can our corporate reporting infrastructure support effective decision-making for the short, medium and longer-term?
  3. おわりに

執筆者

KPMGジャパン
統合報告アドバイザリーグループ
パートナー 高橋 範江

統合報告アドバイザリー

統合報告アドバイザリー

財務報告と非財務情報に関する知見を結集し、統合報告で戦略的な開示を実現するための様々なサービスを提供します。

未来を拓くコーポレートコミュニケーション

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信