クロックスピード・ジレンマ 自動車の技術革新が意味すること | KPMG | JP

クロックスピード・ジレンマ 自動車の技術革新が意味すること

クロックスピード・ジレンマ 自動車の技術革新が意味すること

過去100年に渡り、自動車業界はイノベーションの最前線に立ち続け、強力な技術基盤を構築してきました。大量生産に始まり、自動変速機、さらにその先へと、自動車は道路を走るマシンと精巧なコンピュータの驚くべき融合体へと進化してきました。このような環境で企業が発展するには、「クロックスピード・ジレンマ」を解決しなければなりません。「クロックスピード・ジレンマ」とは何でしょうか?

関連するコンテンツ

自動車メーカーは資本集約的なパワートレイン工場、スタンピング工場、組立ラインなどに要求されるペース、クロックスピード(進行速度)に合わせて、どんな状況下でも稼働する自動車をシックスシグマ品質で生産しなければなりません。それだけでなく、今やもう、さらに速いクロックスピードにも合わせなければならないのです。

こうしてクロックスピード・ジレンマが生まれます。つまり、2つの異なるペースに同時に合わせなければならないというジレンマです。自動車業界は、このような2種類の変化のスピードと折り合いをつけなければなりません。それこそが、イノベーションを成功させる必須条件なのです。

自動車業界は今、ますます加速していくイノベーションの波に乗ろうとしています。次世代のトップ企業に名を連ねるのはどの会社でしょうか。

本レポートでは変革に対応するために自動車業界はいかに革新しなければならないかを検討しています。

内容

  1. Gary Silbergからのメッセージ
  2. 重要な変化:大きなチャンス
  3. クロックスピード・ジレンマ
  4. 消費者行動の変化と競争環境の変容
  5. クロックスピード・ジレンマをどう解決するか
  6. まとめ

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信