IFRS第9号「金融商品」における減損規定

IFRS第9号「金融商品」における減損規定

IASBは、2014年7月24日、IFRS第9号「金融商品」を公表し、新たな減損の概念である予想信用損失モデルを導入しました。

関連するコンテンツ

現行のIAS第39号「金融商品:認識及び測定」における発生損失モデルと異なり、将来見積りを反映することにより信用損失の認識遅れに対応し、商品種類に関係なく単一のモデルを適用することで会計処理の複雑性低減を図っています。
本稿では、新たに導入される減損規定に関して、その概略を説明するとともに、実務上で論点になりうると考えられる内容について、Q&A形式で解説します。

内容

  1. はじめに
  2. IFRS第9号の減損規定の原則的なアプローチの概要
  3. Q&A
  4. おわりに

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
IFRS アドバイザリー室
シニアマネジャー 中川 祐美

有限責任 あずさ監査法人
金融事業部
ディレクター 大庭 寿和

IFRSのトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン