Revenue Procedure 2014-39の公表 - 適格仲介人(QI)要件の更新

Revenue Procedure 2014-39の公表 - 適格仲介人(QI)要件の更新

6月27日、米国内国歳入庁(IRS)は、適格仲介人(QI)契約の更新版『Revenue Procedure 2014-39』を公表しました。

関連するコンテンツ

QI契約は、内国歳入法§1.1441-1(e)(5)に基づくQIとしての源泉徴収や報告を実施するための契約であり、これまではRev. Proc. 2000-12, 2000-1 C.B. 387 (更新含む) が適用されていました。今回のQI契約の更新は、FATCA(内国歳入法第4章§1471~1474)の施行を反映したほか、同法第3章、第4章、第61章、セクション3406の規則公表を受けたものです。『Revenue Procedure 2014-39』は、2014年6月30日以降に適用されるQI要件に関して、これまでのRev. Proc.2000-12に取って代わることになります。
『Revenue Procedure 2014-39』は、2014年7月14日付のInternal Revenue Bulletin2014-29号に掲載される予定です。

FATCA/CRS関連情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン