SWIFTコード

SWIFTコード

SWIFT(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)とは世界各国の金融機関にインターフェース・ソフトを供給している国際銀行協会運営の通信協会であり、その提供する国際送金システムを指しても用いられます。また別名をBICコードともいいます。

関連するコンテンツ

SWIFTコードはこの機関が提供する国際送金システム上で相手方の銀行を特定するために用いられます。送金側は、受取人保有口座の銀行のSWIFTコードを入力することにより、通常入力が要求される相手方の銀行名・支店名・所在地等の情報を省略し、より確実に、スピーディに送金処理を行うことができるという利点を持ちます。

SWIFTと同じような役割をするコードとしてABAコードがあり、これはアメリカ国内の銀行が個別に保有する銀行番号です。SWIFTは世界中の銀行で広く使われるコードですが、アメリカの銀行間やアメリカに送金する際にはこちらのABAのほうが用いられることが多いようです。

ヨーロッパでも個別のコードを使っている国はいくつかあり、イギリスのSort CodeやフランスBk & Br Noなどがあります。

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

最新キーワードをわかりやすく解説しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン