SDG Industry Matrix(産業別SDG手引き) | KPMG | JP

SDG Industry Matrix(産業別SDG手引き)

SDG Industry Matrix(産業別SDG手引き)

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンとKPMGあずさサステナビリティ株式会社の監訳・監修によるSDG Industry Matrix(産業別SDG手引き)日本語版を公開しています。

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンとKPMGあずさサステナビリティ株式会社の監訳・監修によるSDG Industry Matrix 日本語版を公開しています。

国連は、2015年に採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」において、人間、地球及び繁栄のための17のゴール・169のターゲットからなる「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals: SDGs)を掲げました。SDGsは、発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり、取り組みの過程で地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。SDGsは、特に、課題解決に向けて企業に創造性とイノベーションを発揮することを求めており、これに対応して世界各国で2030年に向けた様々な取り組みが始まっています。

KPMG Internationalと国連グローバル・コンパクト(UNGC)は、このSDGsの達成に向けた企業の取り組みを支援するため、関連する多くの事例やアイデアを紹介するSDG Industry Matrix(産業別SDG手引き)を作成しています。

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンとKPMGあずさサステナビリティ株式会社の監訳・監修による日本語版を公開しています。

2017年3月末現在、下記の4つの産業別手引きと気候変動対策に関する産業横断的な手引きの日本語版が公開されています。引き続き、「ヘルスケア・ライフサイエンス」「運輸・輸送機器」の各産業別手引きについても日本語版を公開予定です。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信