KPMG 2014年版REFMアウトソーシングに関する動向調査

KPMG 2014年版REFMアウトソーシングに関する動向調査

Related content

KPMG LLP(KPMG)は、2014年版グローバル規模の商業不動産・企業施設管理(REFM)に関してのアウトソーシングの動向調査の結果を公表しました。REFMアウトソーシングの動向調査は、エンドユーザー組織によるグローバル・ビジネス・サービス(GBS)(別称シェアードサービス)、アウトソーシング、第三者による業務およびインフォメーションテクノロジー(IT)サービスの利用に関する現状と動向、課題について分析結果を提供するKPMGの動向調査プログラムのひとつです。

この調査プログラム一環は、GBS市場の動向に焦点を当て、クラウドコンピューティングや人事(HR)の変革及び業界別の動向といった関連する主要分野を取り上げています。REFMアウトソーシングの動向調査の対象者は、REFMアウトソーシングの取組みを積極的に検討中または実施しているエンドユーザー組織、大手のREFMグローバル・ビジネス及びITサービス提供会社、並びに顧客のREFMアウトソーシングへの取組みを支援する第三者の法律顧問やソーシング・アドバイザーを含みます。

KPMGは、毎年グローバル規模でREFMアウトソーシング動向調査を行っています。2014年版の調査で取り上げている主なトピックは次のとおりです。

  • 現在のREFMアウトソーシングの市場動向、状況および要求水準
  • REFMのプロセス改善とアウトソーシングの取組みに関する主な促進要因と課題
  • 最優先事項、サービス提供モデル、空間利用計画などのトピックにおけるREFMの市場特性
  • グローバル規模のREFMソーシング、ガバナンスおよび管理モデル
  • REFMアウトソーシング取引の特質

詳細に関しては、レポート全文(英文)を下記リンクよりダウンロードしてください。

The information contained herein is of a general nature and is not intended to address the circumstances of any particular individual or entity. Although we endeavor to provide accurate and timely information, there can be no guarantee that such information is accurate as of the date it is received or that it will continue to be accurate in the future. No one should act on such information without appropriate professional advice after a thorough examination of the particular situation.

Connect with us

 

Request for proposal

 

Submit

KPMG's new digital platform

KPMG's new digital platform