コモディティトレーディング会社-税制および規制の変化に関する課題への対応

コモディティトレーディング会社

Related content

エネルギーおよび天然資源(ENR)業界の会社に対して、地域的、世界的にコモディティトレーディング業務を集約した別会社の活用は競争面で多大なアドヴァンテージをもたらします。しかしながら、規制の強化、市場環境の変化、国際的な税制改正に伴い、コモディティトレーディング会社の優位性を維持することがますます困難になってきています。

「コモディティトレーディング会社-税制および規制の変化に関する課題への対応」は、2012年のレポート「コモディティトレーディング会社:重要な成功要因としてのトレーディングの集約化」の更新版レポートです。2012年のレポートでは、KPMGの世界中のメンバーファームに属するENR業界の税制と経営コンサルティング担当のプロフェッショナルが、当時注目を集めつつあったこれらの事業モデルについて、ビジネス上また税務上の観点から調査し、そのメリットとリスクについて解説しました。

2012年以降、石油、ガス、鉱業、農業、そしてコモディティトレーディング業者を取り巻く世界的な環境は大きく変化しました。各種規制の変更は本格化し、国際的な税制改革の方向性はやや明確になりましたが、現在の価格の変動性(特に原油価格)による長期的な影響はいまだ不明です。しかしこうした状況が生じていることにより、今がコモディティトレーディング業界を変換させているトレンドや展開を評価するための好機となっています。

そこで、今回の2015年版では、以下の質問に対するKPMGのENR担当プロフェッショナルの見解をまとめました。

  • コモディティトレーディング事業モデルに対し、商業上、規制上の圧力がどの程度影響しているか?
  • 税源浸食と利益移転の対応に関するグローバルな動きのどの側面が、国際的なコモディティトレーディングの構造に関して最大の課題となっているか?
  • コモディティトレーディング業者は、これらの課題に対応し、今後も事業を繁栄させるためには何をすべきか?

本レポートでは、グローバル企業が集約化されたコモディティトレーディング事業から多大な便益を享受し続けるためにはどうすればよいか、またそれは劇的な変化を続けるグローバル市場をうまく乗り切る能力の有無にかかっていることを説いています。

詳細に関しては、レポート全文を下記リンクよりダウンロードしてください。

The information contained herein is of a general nature and is not intended to address the circumstances of any particular individual or entity. Although we endeavor to provide accurate and timely information, there can be no guarantee that such information is accurate as of the date it is received or that it will continue to be accurate in the future. No one should act on such information without appropriate professional advice after a thorough examination of the particular situation.

Connect with us

 

Request for proposal

 

Submit

KPMG's new digital platform

KPMG's new digital platform