グローバル製造業の展望 「パフォーマンスに照準をあてる」

グローバル製造業の展望 「パフォーマンスに照準をあてる」

Related content

2014年グローバル製造業の展望「 パフォーマンスに照準をあてる」 レポートでは、製造業者が企業全体の価値とパフォーマンス向上のために実行する戦略の継続的な進化を探りました。

調査結果が示すように、テクノロジーと材料科学の急速な発展、先進製造技術とシナジーオペレーティングモデルは、「可能な技術」の定義を書き変え、製造業者が競争し成功する方法を変化させています。

製造業における重点項目は昨年に引き続き圧倒的に「利益性の高い成長」です。 今年の「グローバル製造業の展望(GMO)」では、利益性の高い成長を達成するための様々な戦略を特定しました。 サプライチェーンの透明性と可視性を高め、データの利用や分析法、ビジネスインテリジェンスツールを向上させ、新技術を統合し、今まで以上にパートナーシップと協働的なビジネスモデルへの注力を続けることが、これらの戦略の中心になります。

しかし新しい戦略はまた、新たな課題と複雑さをもたらします。 今年のレポートによれば、これらのビジネスモデルやツール、テクノロジーの力を活用して、データの増殖による複雑さと業界全体で加速していく変化と圧倒的な革新を最終的に乗り越えていくには、まだ成すべくことが数多くあることは明らかです。

2014年報告書の主な発見事項は以下のとおりです。

  • 製造業者は、製品コストと収益性の把握に焦点を当てている。 回答者のうち、製品の収益性を「非常に効率的」に算定していると回答したのは、わずか12%でした。 多くが、利益とコストの情報に関するシステムとプロセスの強化に中~大規模な投資を行うつもりであると答えています。 半数以上が、製品コストと収益性をリアルタイムで測ることができるプロセスとシステムの採用に今後2年間にわたり中~高の優先度を与える予定だと答えています。
  • 企業は、製品開発戦略を再検討している。 回答企業は、画期的イノベーションのための支出を強化し、推進するとともに、新しい協働的なビジネスモデルを展開して競争上の優位性を生み出そうとしています。 回答者の70%が、研究開発費を倍増させると回答しました。 同時に88%が、社内の活動ではなくパートナーシップが今後の革新をもたらすであろうと答えています。 テクノロジーも重要な役割を担います。4分の3の回答者が、R&D部門における意思決定支援技術をより優れた形で活用すると答えています。
  • サプライチェーンの透明性と可視性は、引き続き製造業者にとって重要な課題である。40%の回答者が、拡大したサプライチェーンで可視性が不足していると認めており、33%がその理由を不適切なITシステム、もしくはスキル不足のいずれかであるとしています。 当社の調査では、サプライチェーンの可視性の向上は多くの場合、製造業者とトップティア サプライヤーとの間のより強固な関係と、バリューチェーン全体でより多くのリアルタイムデータを共有することへの意欲から得られることが示されています。
  • 回答者の過半数が、今後3~5年でサプライチェーンの世界的な統合を達成できると考えている。半分以上の回答者が、そのサプライチェーンにおいて全社的に、グローバルな需要計画とグローバルな生産能力計画テクノロジーを採用していると答えています。 4分の3以上が、彼らと最上位サプライヤーとの関係は、生産能力と需要のデータをリアルタイムで共有するに十分なほど強力なものであると述べています。

さらに詳しい情報をご希望の方は、下記リンクよりリポート全文をダウンロードして下さい。

The information contained herein is of a general nature and is not intended to address the circumstances of any particular individual or entity. Although we endeavor to provide accurate and timely information, there can be no guarantee that such information is accurate as of the date it is received or that it will continue to be accurate in the future. No one should act on such information without appropriate professional advice after a thorough examination of the particular situation.

Connect with us

 

Request for proposal

 

Submit

KPMG's new digital platform

KPMG's new digital platform