事前確認(APA)の取得、そのための二カ国間相互協議の支援 | KPMG | JP

事前確認(APA)の取得、そのための二カ国間相互協議の支援

事前確認(APA)の取得、そのための二カ国間相互協議の支援

相手国の税制や税務当局の動向等を熟知したプロフェッショナルによるサービスを提供します。

相手国の税制や税務当局の動向等を熟知したプロフェッショナルによるサービスを提供します。

移転価格に係るリスクを未然に防止するための措置として将来年度における国外関連者との取引価格の算定方法について税務当局から事前に合意を得る事前確認制度があり、多くの場合、二カ国の税務当局の確認を得るべく二カ国間APAが申請され、また将来年度だけでなく過去年度についてもあわせて申請されます。KPMGはAPAについてトップクラスの経験をもって相手国の税制や税務当局の動向等を熟知してサービスを提供します。

 

内容

  1. 事前確認制度(APA)とは
  2. APA取得のメリット
  3. APA申請におけるアドバイザーの必要性
  4. APA取得のプロセス

 

サービス案内(PDF:189kb)

 

KPMG税理士法人
移転価格チーム
TEL:03-6229-8000
info-tax@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信