海外子会社タックスヘルスチェック | KPMG | JP

海外子会社タックスヘルスチェック

海外子会社タックスヘルスチェック

海外グループ子会社の税務ポジションおよび税務リスクを把握し、改善案を提供します。

海外グループ子会社の税務ポジションおよび税務リスクを把握し、改善案を提供します。

日本企業による海外ビジネスの拡大および海外企業の買収の増加にともない、海外グループ子会社の売上が連結売上に占める割合が大きくなっています。国際税務の世界では、BEPSプロジェクト行動計画13(新移転価格文書化)の影響を受け、世界各国の税務当局による日系企業に対する課税執行が強化されると言われています。このような状況変化により、海外グループ子会社の税務リスクの把握など日本本社によるグローバル税務ガバナンスの強化が急務になっています。

KPMGは、グローバル企業への様々な税務管理・国際税務サービスの提供により培った経験を活かし、日本の多国籍企業に対して、クライアントニーズにあわせた海外グループ子会社タックスヘルスチェックを行います。

具体的なサービス内容は以下のとおりです。

  • 海外グループ子会社の税務コンプライアンス状況のレビュー
  • 海外グループ子会社の税務ポジションの把握および報告
  • 海外グループ子会社の税務リスクの検討および報告
  • 海外グループ子会社の税務リスク等に対する改善案の提供

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信