タックスヘイブン対策税制(外国子会社合算税制)対応サービス | KPMG | JP

タックスヘイブン対策税制(外国子会社合算税制)対応サービス

タックスヘイブン対策税制(外国子会社合算税制)対応サービス

タックスプランニングから、税務申告書別表の作成、税務調査対応まで、税制改正への対応も含めた広範なサービスを提供しています。

タックスプランニングから、税務申告書別表の作成、税務調査対応まで、税制改正への対応も含めた広範なサービスを提供しています。

タックスヘイブン対策税制(外国子会社合算税制)は、内国法人等が租税負担の軽い国・地域に所在する子会社等を通じて租税回避行為を行うことを防止するための税制です。当該税制の適用がある場合には当該子会社等の所得は内国法人等の株式の保有割合に応じて、内国法人等の法人税等の所得として合算され、日本で課税を受けることになります。
2017年税制改正においては、BEPSプロジェクトの影響を受け、同対策税制の対象となる海外子会社等や課税対象所得の範囲についても大きく変更されました。
KPMGではクライアントニーズにあわせて以下のサービスを提供します。

 

  • 質問票等を使った海外子会社からの適用判定や課税所得の算定に必要な情報収集支援
  • 適用の判定から、税務申告用別表の作成あるいは作成済み別表のレビュー
  • 法人税税務調査への対応支援
  • 軽課税国における税務上最適な投資ストラクチャーアドバイス
  • 海外子会社タックスヘルスチェック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信