クロスボーダーM&Aに伴うグローバルタックスマネジメント | KPMG | JP
close
Share with your friends

クロスボーダーM&Aに伴うグローバルタックスマネジメント

クロスボーダーM&Aに伴うグローバルタックスマネジメント

M&Aを成功に導く買収先との統合計画や統合後の事業戦略策定、あるいは税務管理体制構築において、税務の視点を踏まえ支援します。

M&Aを成功に導く買収先との統合計画や統合後の事業戦略策定、あるいは税務管理体制構築において、税務の視点を踏まえ支援します。

昨今のBEPSに対するグローバルタックスマネジメントの要求の高まりから、日本の多国籍企業においても買収した会社の管理を現地に任せきりにするといった管理体制は許容されにくくなってきています。

特に、海外M&Aを実行した際には、買収先企業が経済実態を伴わない税務スキームを採用していることも多くみられますが、タックスヘイブン対策税制や移転価格税制等の国際税務問題は、従前以上に企業活動の経済実態に着目してきており、本社が買収先企業の実態を把握し、組織や取引形態の設計を含めた適切な税務管理をしていく必要性はますます高まっているといえます。

そのため、M&Aを行う場合には、買収先との統合計画や統合後の事業戦略を見据え、早い段階からタックスマネジメントへの影響についても考慮しておくことが重要です。また、事業買収により税務部門が引き継がれない場合には、グローバルでの税務管理対応が必要になります。

KPMGは、M&A実行に伴う各種税務サービスを提供しており、グローバル税務コンプライアンスや税務コストの最適化を目的とした税務マネジメントのみならず、企業の事業戦略を後押しするような戦略的な視点も合わせた税務アドバイスを提供しています。

 

具体的な対応例

  • M&A実行前における、統合後の事業戦略を見据えた税務アドバイス
  • シナジー創出のための最適な研究開発体制の構築に関する税務観点を踏まえたアドバイス
  • 税務上の最適な取引形態に関するアドバイス
  • 買収後のグローバル税務コンプライアンスマネジメントサービス
     

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信