連結納税導入検討・支援および連結納税導入後の税務申告書作成サービス | KPMG | JP

連結納税導入検討・支援および連結納税導入後の税務申告書作成サービス

連結納税導入検討・支援および連結納税導入後の税務申告書作成サービス

KPMGでは、連結納税制度の導入当初より、多くの企業に対し、導入支援業務を始めとした連結納税に関するサービスを提供しています。

KPMGでは、連結納税制度の導入当初より、多くの企業に対し、導入支援業務を始めとした連結納税に関するサービスを提供しています。

平成22度にグループ法人税制が導入されたことにより、連結納税を適用した場合と適用しない場合との取扱いの差が少なくなりました。さらに、従来は連結納税を適用した場合には、子会社の連結納税適用前に生じた欠損金の使用が制限されていましたが、同年度の税制改正により、一定の子会社の欠損金については、当該制限が緩和されました。これらの改正を受けて、近年、多くの企業が連結納税の導入を検討または決定する傾向にあります。

KPMG税理士法人では、連結納税制度の導入当初より、多くの企業に対して、連結納税導入支援業務を始めとした以下の連結納税に関するサービスを提供しています。KPMG税理士法人の連結納税専門チームは、これらの業務を通じて得たノウハウを活用して企業の様々なニーズにお応えします。

 

サービス案内(PDF:612kb)

 

  • 連結納税導入支援業務
  • 連結納税申告書作成(またはレビュー)業務
  • 連結納税を活用した組織再編成に関するアドバイス業務
  • 税務調査対応

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信