サプライチェーン再構築アドバイス | KPMG | JP

サプライチェーン再構築アドバイス

サプライチェーン再構築アドバイス

関税・間接税、法人所得税をはじめとした税金コスト、および物流や管理等諸種コストの削減を総合的に企画・管理するソリューションを提供します。

関税・間接税、法人所得税をはじめとした税金コスト、および物流や管理等諸種コストの削減を総合的に企画・管理するソリューションを提供します。

サプライチェーン(企業グループ内の統合的な物流システム)を税務的に検討する場合には、物流のみでなく関係する商流にも着目する必要があります。

サプライチェーンの再構築には、物流の変更を伴わない商流の変更、そして、物流の変更をも伴う商流の変更が考えられます。物流の変更を伴わない商流の変更の場合、関税についての検討は不要となりますが、法人税の移転価格及びGST・VATなどの間接税を考慮する必要があります。

一方、物流の変更のみならず、商流の変更も行う場合には、さらに関税の観点からも十分な検討が必要になります。また、物流の変更にあたっては、近年急速に拡充しているFTAの利用も考慮する必要があります。KPMGでは、その豊富な海外ネットワークを利用して、サプライチェーンの構築に関して、法人税、消費税(VAT)及び関税その他のあらゆる税金を考慮しながらサポートいたします。

 

具体的な対応例

  • 製造・販売拠点の選定(海外事業展開支援サービス)
  • 移転価格評価との整合・非整合への対応
  • 買付代理人契約
  • ファーストセール
  • 自由貿易協定(FTA)/経済連携協定(EPA)の活用の検討

 

お問合せ
KPMG税理士法人
TEL:03-6229-8000
info-tax@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

税務コンテンツ

税務コンテンツ

税務に関するさまざまなトピックから、最新の話題を取り上げ解説しています。