南アフリカ

南アフリカ

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス - 駐在経験者を中心に、駐在員および現地プロフェッショナルと連携して効果的なサービスを提供します。

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス - 駐在経験者を中心に、駐在員および現地プロフェッショナルと連携して効果的なサービスを提供します。

KPMG南アフリカは1895年に設立され、現在はヨハネスブルグ、ダーバン、ケープタウンをはじめ、国内に11の事務所を持ち、250人以上のパートナーと3,000人以上のプロフェショナルを擁してクライアントに質の高いサービスを提供しています。 

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス(GJP)

アフリカに進出する日本企業の様々なニーズに対応するために、KPMG南アフリカのヨハネスブルグ事務所にGlobal Japanese Practice for Africaを設置し、南アフリカをだけでなく、アフリカ地域(特にサブサハラ地域)のKPMG事務所と連携して、クライアントのアフリカ事業をサポートしています。また、2012年9月より日本人駐在員を配置し、日本企業クライアントとKPMGの現地プロフェショナルとのコミュニケーションの調整や日本企業クライアントに対する日本語でのサービスを提供しています。

所在地・連絡先
KPMG Inc
KPMG Crescent,
85 Empire Road, Parktown,
Johannesburg, South Africa,2193.
Tel.+27 (0) 11 647 7111

南アフリカ
グローバルジャパニーズプラクティス
佐々木 一晃(ささき かずあき)/マネジャー
町田 秀樹(まちだ ひでき)/マネジャー

お問合せ(Global Japanese Practice)

東京事務所
〒162-8551
東京都新宿区津久戸町1-2 あずさセンタービル
電話番号 : 03-3266-7543

大阪事務所
〒541-0048
大阪市中央区瓦町3-6-5 銀泉備後町ビル
電話番号 : 06-7731-1000

名古屋事務所
〒450-6426
名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビルヂング26階
電話番号 : 052-589-0500
JapanesePractice@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

サブサハラ・アフリカの最新投資環境

サブサハラ・アフリカの最新投資環境

サブサハラ・アフリカは今後の人口増と急激な経済成長が期待されている地域ですが、ビジネス環境という点においては、未だ多くの課題を抱えています。サブサハラ・アフリカを含むアフリカは、2028年の経済共同体形成に向けて東西南アフリカ等の単位での地域統合を進めています。