監査手法(KPMG Audit Methodology) | KPMG | JP

監査手法(KPMG Audit Methodology)

監査手法(KPMG Audit Methodology)

KPMGで開発された監査手法であるKPMG Audit Methodology(KAM)に基づき監査を実施しています。

KPMGで開発された監査手法であるKPMG Audit Methodology(KAM)に基づき監査を実施しています。

あずさ監査法人は、財務諸表および内部統制の監査業務並びに四半期レビューにおける高い品質を達成するため、KPMGで開発された監査手法である KPMG Audit Methodology(KAM)に基づいて財務諸表および内部統制の監査並びに四半期レビューを行います。KAMは最新の国際監査基準(ISA)に準拠すべく適時に更新されており、グローバルで均質な監査を提供するインフラとして、全世界のKPMGメンバーファームで統一的に適用されています。 

あずさ監査法人では、わが国の財務諸表および内部統制の監査並びに四半期レビューに関する基準や実務指針等へも準拠するよう、KAMをベースとした監査マニュアル(内部統制の監査および四半期レビューを含む)を整備しています。

また、最新テクノロジーを駆使した次世代監査ツール「eAudIT」で、効率的かつ効果的な監査を実施しながら、大切な情報の安全性を確保します。

 

お問合せ先
有限責任 あずさ監査法人

〒162-8551
東京都新宿区津久戸町1-2
あずさセンタービル

03-3266-7551
services@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信